更新情報

女性の8人に1人が「やせ」 

2014年12月25日|管理栄養士コラム

女性の8人に1人が「やせ」 

 12月9日に厚生労働省から公表された、2013年国民健康・栄養調査の結果によると、やせている成人女性の割合が12.3%と調査を始めた1980年以降最高となりました。一方、肥満の男性は28.6%と高止まりの状態が続いています。若年女性が「やせたい」という願望を持っていることは、世界中でみられる現象ですが、実際にやせている女性が増加し、これほど顕著に若年女性の痩身化が進んでいるのは、わが国特有の現象だと言われています。若年女性層の「やせ」は、骨密度の低下や死亡率の上昇、摂食障害など本人の身体的・精神的健康を脅かすのみならず、出産数低下、低出生体重児出産率の上昇などを通じて、次世代の国民健康にも悪影響を与えうる可能性が欧米の疫学研究で示唆されています。このように、わが国における若年女性の「やせ」は、深刻な健康問題のひとつとして近年問題視されていますが、その弊害について女性本人には認識しづらい(将来の健康への影響が大きい一方で、現時点での自覚症状としては表れにくく、「やせ」の不都合を感じにくい)点も、不必要な減量行動につながっている可能性も考えられています。やみくもにダイエットを始める前に、まずは自分の適正体重を知り、自分の体型を客観的に見つめることが大切です。①適正体重(kg)=身長(m)×22 で求められます。②BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出され、25を超えると「肥満」、18.5未満で「低体重:やせ」、とされています。

 みなさんも健康を守る第一歩として、ご自分の適正体重とBMI値を算出して、ご自分の体型を見つめ直してみませんか?

15分体操

2014年12月11日|キャンペーン(終了)

毎回先生が付くので初めての方でも安心して参加いただけます。12月19日(金)まで体験会を実施しております。

15分体操 15分体操

体験当日ご入会の方は体験料(¥500)をキャッシュバックいたします。


マイスポーツ:
AED設置しています 〒146-0085 東京都大田区久が原5-12-7 Tel.03-3752-3141
■毎月1日~28日までの月~金曜/9:30~18:00
■祝祭日はお休みです